自称ダメ人間

主に芸能(ジャニーズ)、テレビ番組(視聴率)について書いてます。その他気になったことなどあったら。ただいま毎日更新中。

まさかの小池都知事の写真集が6月14日に発売される!?異例の出版部数らしい。

まさかの小池都知事の写真集が6月14日に発売される!?異例の出版部数らしい。

【小池百合子東京都知事/モデルプレス=6月12日】小池百合子東京都知事が、6月14日に自身の写真集「小池百合子 写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017」を発売することがわかった。

 

 

今回出版に至った理由は、小池都知事が米誌「TIME」の「世界で最も影響力のある100人」で、日本人でただひとり選出されたために決定。小池都知事の等身大の素顔や、普段はうかがい知れない生活ぶりを、日本のみならず世界中の人々に知ってほしいと思い、25年に及ぶプライベートを中心に、130枚の写真を収録している。

当初は5000部のスタート予定だったが、発売前から反響が大きく、急遽初版部数1万5000部という、異例中の異例の出版部数となった。日本人のみならず、外国人からの興味もあり、すでに予約が多数入っているとのこと。

・政治家としての姿…「日本新党」の新人時代から「東京都知事」就任後まで
・プライベートの姿…「エプロン姿」「スポーツ」(野球、ゴルフ、スキー、乗馬、テニス)「カラオケ」「炊事」「晴れ着」「お酒」「ピアノ」「海水浴」「クローゼット」「病室」など
・「世界のTOKYO」の歴史的写真
・子供時代、学生時代(セーラー服姿)、留学時代(エジプト)、キャスター時代の“秘蔵写真”
・巻末特別企画

今回、カメラマンを努めたのは、2001年には小泉純一郎元総理大臣を収めた「KOiZUMi 小泉純一郎写真集」などを発売した鴨志田孝一氏。

小池都知事の出版にあたり鴨志田氏は下記のようにコメントを寄せている。

僕は、現役の政治家にこだわっている。小池百合子さんが米国TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた事もあり、また彼女が 政治家になり25年目の大きな節目を迎えた年である事から出版しました。
2001年9月6日、現職首相の写真集、小泉純一郎首相の写真集「KOiZUMi」(双葉社)を出版した。今回も小池さんが現職の東京都知事時代に発売したかった。僕は、昨年の都知事選の時期は癌の治療で抗がん剤治療中で副作用もきつく諦めかけたこともありましたが…、彼女が米国TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた、この時期に出版できたのは、小池さんから大きなパワーと希望を頂いたからです。

小池さん自身も、46歳の時に子宮筋腫と診断され、やむなく子宮全摘を行なった経験もあります。それでも現役の東京都知事として、女性としても頑張っている姿は、ガンと闘う僕にとって大きな励みになっています。今なお、小池さんが政治家として現役で活躍する姿は、凛としていて美しい。例え波瀾万丈の人生でも、必死に生きてる姿には、感動する。

僕はガンの治療のために、6月下旬に入院する予定です。何としても勇気をもらった、小池さんのためにも病気を克服して、再び現役の写真家として彼女を撮りたいと思います。

私が、政治家「小池百合子」さんの取材を始めたのは、1992年、細川護煕氏が党首となり結党した日本新党から、小池さんが国政選挙に初挑戦した頃です。私は写真家としてさまざまな政治家の方を取材する中で、彼女を撮影する機会を初めて頂きました。それ以来、約25 年間に渡り、小池さんを見続け撮影をしてきたことになります。

この度の写真集の中には、小池さんの新人時代から東京都知事就任後までの政治家としての姿や、あまり公表することのなかった彼女のプライベートな姿など、長年に渡り撮影をさせて頂いている中でも、特に印象に残った“貴重な瞬間”や“等身大の素顔”が多数掲載されています。
 
余談になりますが、外遊では小池さんの「素顔」を垣間見ることもできました。彼女はいつも、ショッピングなどに時間を費やすこともなく、まさに仕事オンリーな人でした。また、お酒を深酔いしたところなども見たことがありません。ただ、普段は本当に気さくな方で、カラオケも結構お上手です。十八番は夏川りみの『涙そうそう』、そして松任谷由美の『ひこうき雲』、『卒業写真』などでしょうか。  

小池さんには、政治家としていくつか大きな特徴があると思います。それは「度胸」と「行動力」、「演説の上手さ・説得力」、さらには「持って生まれた運の強さ」です。現在の小池さんの「政治家としての力強さ」は、豊富な海外生活の経験と、実業家のお父様の影響が大いにあると感じています。

幼い時から政治に興味を持ち、開票速報を見るのが楽しみだったという、小池さんが政治家になったのは、ごく自然な流れだったのかもしれません。

今回の出版にあたり、都内練馬区の小池さんの自宅で、愛犬の「そうちゃん」と一緒に彼女を撮りおろしをさせて頂きました。その撮影の中で、私が知る限り唯一、彼女の気持ちが本当に安らいだ、女性らしい優しい表情が撮影できました。今、女性が活躍する時代です。「強さ」と「優しさ」ーー。それらを併せ持つ小池さんが、必ず日本を代表する“女性リーダー”となることを確信した取材でした。

2016年に小池さんは女性初の東京都知事に就任され、また今年2017年には、政治家25年周年の節目を迎えられました。このような小池さんにとり、政治家として大事な時期に、私の仕事の集大成として『小池百合子 写真集』を出版することができましたことは、大きな喜びです。

私は、これからも日本を変える女性リーダー・小池百合子さんを、写真家としてずっと追い続けたいと思っています。

フォトグラファー 鴨志田孝一

 

https://mdpr.jp/news/detail/1693141

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回の記事はどうでしたでしょうか?もし宜しければ

読者登録・シェア等をしていただけると助かります。

読者登録は↓のボタンをクリック!