自称ダメ人間

主に芸能(ジャニーズ)、テレビ番組(視聴率)について書いてます。その他気になったことなどあったら。ただいま毎日更新中。

嵐にしやがれ&土曜ドラマの時間変更は成功か?失敗か?

日テレ時間変更という改編で

嵐にしやがれは成功、ドラマは。。。

 

日テレがこの4月から土曜日のゴールデンタイムの改編を行い

嵐にしやがれと土曜ドラマの時間を入れ替えました。

 

嵐にしやがれは土曜10時から⇒土曜9時からに変更してから

視聴率が二桁をキープしており日テレ上層部も評価しているそうです。

 

ドラマはまだ時間変更して

成功しているとは言えませんが

失敗とも言えない状況なので

総合的に考えると今のところうまくいっているのではないでしょうか。

 

しかし今後の動向次第では

大成功、大失敗も考えられ

今後も注目していきたいと思います。

 

では。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

是非読者登録・シェア等をよろしくお願いいたします。

 

関連記事

www.zankusu1991.xyz

www.zankusu1991.xyz

www.zankusu1991.xyz

www.zankusu1991.xyz

4月29日に放送された日本テレビ「嵐にしやがれ」(土曜後9・00)の平均視聴率が12・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。この春の4月改編で、29年間続いた土曜午後9時のドラマ枠と同10時の「嵐にしやがれ」を入れ替え。土曜午後9時放送になった「嵐にしやがれ」の数字が出足好調。早くも改編が奏功した?4月15日は午後7時からの3時間スペシャルで、14・2%。22日からレギュラー放送になり、22日=11・6%、29日=12・3%と2桁をキープした。通常放送の2週連続2桁は1月21日=10・8%、1月28日=12・3%以来13週ぶり。2~3月は2月11日=9・7%、2月25日=8・3%、3月4日=7・6%、3月11日=9・3%と半分は1桁だっただけに、土曜午後9時になり、復調を印象づけた。同局の大久保好男社長は4月24日の定例会見で、土曜夜の改編について「まだ始まったばかりなので、評価はもう少し時間が経ってから」としながらも「スタートとしては、まずまずだったのではないかと思う」と評価。ドラマ枠は午後10時に移動したことにより「リアルタイム視聴率にタイムシフト視聴率(録画機器などで放送後7日以内に視聴)がかなり乗っかっている」(福田博之制作局長)状態だとし「タイムシフトに関しては、評価はもう少し後になる」(同)と語るにとどまった。“土10”ドラマの第1弾「ボク、運命の人です。」(土曜後10・00)は第1話(15日)=12・0%、第2話(22日)=9・6%、第3話(29日)=9・2%と推移している。“土9”ドラマは昨年7月クール「時をかける少女」、同10月クール「THE LAST COP」が全話1桁台。同4月クール「お迎えデス。」も初回を除き、1桁台と苦戦した。「嵐にしやがれ」がコンスタントに2桁を記録すれば、日テレの年間視聴率3冠王は盤石となる。3連続バラエティーとなる前番組「天才!志村どうぶつ園」(土曜後7・00)「世界一受けたい授業」(土曜後7・56)からの流れや“土10”ドラマとの兼ね合いなど、今後の動向が注目される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000114-spnannex-ent