自称ダメ人間

主に芸能(ジャニーズ)、テレビ番組(視聴率)について書いてます。その他気になったことなどあったら。ただいま毎日更新中。

キムタク主演『無限の住人』が海外でも公開へ!その影響とは!?

キムタク主演の映画『無限の住人』がなんと

北米・オーストラリア・ドイツでも公開することに決まったそうです。

 

キムタクの主演映画が海外に公開されるのは

『武士の一分』以来で

今回の作品は早々と海外でも公開されるということで

『無限の住人』の海外での人気次第では

キムタクの本格的な世界進出も夢ではないということになります。

 

果たして海外でどのくらいこの映画が受けるのかはわかりませんが

今後のキムタクの活動に影響を大きく与えることは間違いないと思いますので

今後も注目していきたいと思います。

 

また新しい情報などあり次第更新していきますので

是非また見に来てください。

 

 

では。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

是非読者登録・シェア等をよろしくお願いいたします。

 

関連記事

www.zankusu1991.xyz

 

www.zankusu1991.xyz

www.zankusu1991.xyz

www.zankusu1991.xyz

www.zankusu1991.xyz

 

木村拓哉(44)の主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が公開初日を迎えた29日、北米、オーストラリア、ドイツでも公開されることが分かった。5月17日(日本時間18日)に開幕するカンヌ映画祭で特別上映され、さらなる上映国の拡大に向け、各国の配給関係者への本格的なセールスも現地でスタートする。木村の主演映画が、本格的に海外公開されるのは「武士の一分」以来。同作は06年に日本公開後、08年にロサンゼルス、シカゴなどで上映された。「無限の住人」は早々と海外公開が決まるなど、期待はさらに大きい。海外での評価が高い三池監督の実績と、カンヌ映画祭で特別上映される前評判がポイントになった。三池作品は「一命」「藁(わら)の楯」など5作品がカンヌ映画祭で上映されたほか、「十三人の刺客」がベネチア映画祭コンペティション部門に選出された。欧米の他の映画祭で受賞経験もある。また今回は製作陣に、「戦場のメリークリスマス」「ラスト・エンペラー」などを手掛けたジェレミー・トーマス氏がプロデューサーとして参加しており、実績を生かして海外セールスを担当している。同氏は「世界中の人を興奮させ、心を打つに違いない」と作品の完成度に自信を見せる。関係者によると既に公開が決まった4つの国と地域以外へのセールスは、カンヌ映画祭を皮切りに、本格始動させる。映画祭期間中は、作品を売買するマーケットが設けられ、各国関係者が配給交渉を行う。前評判に加え、現地での上映の反響も交渉のカギを握る。木村は三池監督らとカンヌ映画祭に参加予定で、主演俳優として現地に乗り込んで作品をアピールする。昨年末にSMAP解散後、俳優として飛躍を目指す勝負の年に、いきなり世界に本格進出する絶好の機会を得た。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-01815577-nksports-ent