自称ダメ人間

主に芸能(ジャニーズ)、テレビ番組(視聴率)について書いてます。その他気になったことなどあったら。ただいま毎日更新中。

ロシアのメドベージュワがキム・ヨナの点数を上回り、世界歴代最高を記録。

フィギュアスケートの欧州選手権が

1月27日にチェコで行われ

ロシアエフゲニア・メドベージェワ(17)が

フリーで150.79点という世界歴代最高点数を出し

合計229.71点を獲得。

 

これまでの最高点であるキム・ヨナの持つ点数

228.56点1.15点上回り

世界最高点となったそうです。

 

 

正直私は

キム・ヨナ

浅田真央の2強

の時までしか知らなかったので

今回、ロシアの17歳が活躍したのを見て

若くて能力の高い人たちがたくさん出て

世代交代が進んでいるんだとあらためて実感。

 

日本の若い選手にも

より期待したいですね。

 

記事全文

「フィギュアスケート・欧州選手権」(27日・チェコ、オストラバ)

 女子フリーが行われ、エフゲニア・メドベージェワ(17)=ロシア=が、自身の持つ世界歴代最高を更新する150・79点をマーク。総得点では10年バンクーバー五輪でキム・ヨナ(韓国)が記録した228・56点を上回る世界最高の229・71点で2連覇を達成した。

 メドベージェワは冒頭の3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプを成功させると、続く3回転ルッツは不明瞭なエッジでのジャンプの判定。終盤には4回目のコンビネーションジャンプ(規定では3回まで)を跳んでしまうミスもありながら、すべての要素でGOE(出来栄え点)の加点がつく内容。表現力を示す5項目の構成点でも9点台を並べる圧倒的な内容。

 10年バンクーバー五輪でのキム・ヨナの記録を更新した。

 

引用元

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000033-dal-spo