自称ダメ人間

主に芸能(ジャニーズ)、テレビ番組(視聴率)について書いてます。その他気になったことなどあったら。ただいま毎日更新中。

NHK紅白歌合戦 視聴率低下の道を進むことになりそう。

正直、このNHK会長の意見は違うかなと個人的に思ってます。

40%に回復したといっても

去年の史上最低視聴率から1%上昇しただけ。

 

それはSMAP解散の話題があって

SMAPサプライズを期待している人がいたり

裏番組が格闘技で2番組被っていたりといった要素が重なった結果でしかないので

 

視聴率があがったというだけで今年の内容の変化が受け入れられたわけでは

ない気がしますが、皆さんはどうでしょうか?

 

来年も同じようなグダグダの感じだと

視聴率は上がらないと思いますが、今回の結果を受けて

NHK会長がこのような意見で手ごたえを感じた発言をしている以上

来年も同じ感じでやっていくんでしょうね。

 

来年は最低視聴率更新しますね。

よほど裏番組が弱くならなければ。。。

 

記事全文引用

NHKの籾井勝人会長は4日、局内向けの年頭あいさつで、第2部の平均視聴率が2年ぶりに40%台に回復した昨年の紅白歌合戦について、「『今年の紅白は面白いぞ』ということが伝わった結果ではないか。私も周りの人から『今年の紅白は面白い』とコメントをいただいている」と述べ、手応えをにじませた。

 ビデオリサーチによると、昨年の紅白第2部(9時~11時45分)の平均視聴率(総合テレビ、関東地区)は40・2%で、前年より1・0ポイント上昇。籾井会長は内容について、「従来と違って、随分と変わったという印象を持った。視聴者もそう感じたのではないか」と述べ、「(職員の)皆さんの『何とかNHKを変えたい』という気持ちの表れではないか。新しいことに挑戦していただいた皆さんに大変感謝します」と、現場をねぎらった。

 また、今月24日で退任する籾井会長は、過去最高の受信料収入を記録したことや、昨年春の番組改定でNHKの世帯視聴率が上昇したことなど、任期中の取り組みについても総括。3年前の就任会見での言動が物議を醸したことについては「大変混乱が起こり、職員には誠に申し訳ない。(NHKを取材する)記者とのコミュニケーションも足りなかった」と述べた。

 その上で、「NHKの原点は放送法。私たちを律すると同時に、いかなる圧力や働きかけにも左右されることなく、公正で不偏不党、自らの責任で番組を作るという放送だ」と強調。今後のNHKについて、「厳しい時代にもたおやかに適応し、世界に冠たる国際メディアになって、世界に視聴者を広げていってほしい」と期待を込めた。

 

 

 

 

追記

こんな記事が出てましたので紹介します

満足しない視聴者が増えていたことが実証されましたね。

大みそかに放送された『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)の「テレビウォッチャー」による視聴者満足度が、前年に比べて減少したことが分かった。データがある過去5年間で最低値となった。

テレビウォッチャーは、関東1都6県3,000人を対象に実施しているもので、満足度は5点満点で評価。全体の数値傾向から、3.7以上を高満足度と位置づけているが、今回の『紅白』の満足度は、前年の3.30から減少して3.12だった。

番組に接触したのは813人で、このうち5点満点をつけたのは125人。自由記述の感想を見ると「完全なる世代交代を感じられて、ある意味新鮮だった」(47歳女性)、「紅組白組の司会もよかったが、なんといっても武田真一アナの終始落ち着いた司会ぶりがとてもよかった」(57歳女性)、「星野源の恋ダンスが観れてよかった」(24歳女性) と、出場歌手の刷新や、話題の出演者に対する評価の声が多かった。

 

一方で、最低評価の1点をつけたのは106人。こちらは「演出過剰でつまらなかった」(67歳男性)、「ごちゃごちゃしすぎ」(40歳男性)、「グダグダ感がひどい」(50歳女性)など、例年とは打って変わって新たに打ち出した演出面が裏目に出た、厳しい評価となっている。

また、満足度の高低にかかわらず、多くの意見が寄せられたのが、最後の審査方法について。満足度5点をつけた人でも「なぜ紅が勝ったのか意味不明」(33歳男性)、「審査員の点数だけで勝者が決まり、いままでdボタンで参加してきた意味はあるのかとガッカリしました」(34歳女性)と、審査員投票で結果がひっくり返ってしまうことに対する不満の声が続出した。

「テレビウォッチャー」のデータがある2012年以降の『紅白歌合戦』の満足度は、2012年が3.23、13年が3.29、14年が3.34、15年が3.30と、ほぼ横ばいで推移してきたが、今回は過去5年で最低の数値。特に「ほぼ全部」視聴したという人の満足度は、12年が3.84、13年が3.79、14年が3.88、15年が3.79と毎年高い数値だったのが、今回は3.51にとどまっている。

ビデオリサーチ調べの世帯視聴率は全国的に上昇したものの、演出面や審査方法などに課題が残る形となったようだ。

 

引用元

「『今年の紅白は面白いぞ』と伝わった結果」籾井会長が紅白視聴率回復に手応え (産経新聞) - Yahoo!ニュース

『紅白歌合戦』満足度は過去5年で最低、演出面や審査方法に不満の声続出 | マイナビニュース

紅白関連記事

www.zankusu1991.xyz

 

www.zankusu1991.xyz

 

www.zankusu1991.xyz

 

www.zankusu1991.xyz