allジャンル速報

今、話題になっていることをまとめていきます。毎日更新中。

しゃべくりの改革案を考えてみた。主に席順の変更によって問題点の解消をする。

2016年12月26日の放送をもってスマスマが最終回を迎え

今後月10の並びが各局変わろうとしています。

 

現在までに噂されているのは

 フジ スマスマ→ズレオチ?(MCフット後藤・田中みなみ)

TBS 好きか嫌いか言う時間?4月改編で来る!?

 

このように変わるとすると

月10日テレ系しゃべくりも含めて

トークバラエティの競争が一層激しくなります。

 

しゃべくりは現在視聴率が高い値をキープし

若者を中心に高い人気を誇っていますが

同じようなジャンルの番組が裏に来た場合、いままで通りの

人気があるかどうかはわかりません。

 

その中でしゃべくりが生き残っていくためには

席順を変更し弱点の解消をしていくべきだと思います。

 

ということで今回はしゃべくり改革案(席順)を考えてみました。

まずはこれまでの席順の経緯

初期

有田 原田 福田 ホリケン

 徳井  ゲスト  名倉    MC上田

        ↓

2014年4月~(番組6年目~)

徳井 ホリケン 福田 原田

 有田  ゲスト  名倉    MC上田

 

 

現在のしゃべくりの問題点

①徳井があまり喋らなくなった。

②原田の存在感の低下

③名倉&ホリケンによる名物である師匠コントが無くなった。

④くりぃむに偏った進行

 

①について、徳井はもともとがんがん前に出るタイプ

遠くから野次を入れるタイプの芸人ではないので

MCの近くに置くことで、喋りやすい環境を作る。

 

②について、原田は芸風が個人で笑いを取るタイプではなく

周りと連携しながら笑いを作っていくタイプなので

周りと連携しやすく、連携技ができる人(有田)の隣に置く。

 

③について、席順が変わって名倉とホリケンの位置が遠くなったため

師匠コントが出来なくなっている状況である。

よってホリケンが名倉の席に行きやすくする配置にする。

 

④について、MCが上田ということもあるが

以前よりもくりぃむに偏った進行をしていて、周りがあまり活躍できない。

よって後ろからでも十分笑いが取れる有田を後列に戻し、

連携中心に動いてもらう。

 

 

この4つをもとに席順を考えると

有田   原田   福田   徳井

 ホリケン  ゲスト  名倉   MC上田

 

これがベストな席順だと思います。

 

この席順によって、上記の問題点だけでなく

福田の隣に徳井がいることによって連携ができやすく

福田を使った新しい笑いができたり

ホリケンが前列に来ることにより

ホリケンの前に大きなスペースがある為、

動きを使ったネタで笑いを生み出しやすいというメリットもあります。

 

一つ懸念材料があるとすれば

ゲストの横にホリケンでゲストが萎縮しないかという点。。。

 

皆さんどう思いますか?

よかったら感想をコメントしていただけたらうれしいです。

 

そしてしゃべくりスタッフがこの記事を見てくれたらうれしいな

という妄想をしながら、この辺で終わりにします。

 

では。