allジャンル速報

今、話題になっていることをまとめていきます。毎日更新中。

今年の芸能界のニュースから考える芸能人の生き残り方とイメージの関係性。

皆さんこんにちは。

2016年も残り2週間とちょっととなりましたね。

 

今年も色々な事がありましたが

芸能界の中のニュースも多くあった気がします。

その多くは今年大活躍の『文春砲』によって暴かれたものでした。

 

その中でも今回取り上げようと思っている話に関係があるのは

この3つのニュースです。

 

①ベッキーの話題

②ファンキー加藤のW不倫

③ノンスタ井上の当て逃げ?ひき逃げ?問題

 

すべて2016年に起こった話題です。

 

そこで今回取り上げるのは

果たして芸能界でやっていく為にはどちらがいいのか?

良い人キャラor悪い人キャラ です。

 

 

良い人キャラ

 

良い人キャラの主な芸能人(個人的イメージ)

・週刊誌に載る前のベッキー

・V6のイノッチ

・阿部寛

・斉藤さん(トレンディエンジェル)

 

良い人キャラのメリット

・好感度が高いため、CMに起用されやすい。

・視聴者に好かれる。

・番組でも扱いが良い

 

良い人キャラのデメリット

・一度、何かやらかすとイメージ復活が難しい

・悪いことをした場合、異常なほど叩かれる。

・良い人キャラが世間に知ってもらえるまでが長い道のり

 

 

悪い人キャラ

 

悪い人キャラの主な芸能人(個人的イメージ)

・沢尻エリカ

・泉ピン子

 

悪い人キャラのメリット

・ある程度の事まではしても、許してもらえやすい。

・比較的簡単になれる。

 

悪い人キャラのデメリット

・CMが来ない

・番組内での扱いが悪い

 

などが挙げられます。

 

こう見る限り良い人キャラでやったほうが

遥かに良い思いができるので、

大体の若手芸能人の方は良い人キャラを目指すことでしょう。

 

しかし、良い人キャラで世間に定着するためには長い年月であったり

何か実績が必要となってきます。他にも良い人キャラのイメージを

世間に浸透させている間・世間に浸透している間に

何か問題を起こせば、目指すことすら難しくなってきます。

 

まさにこの赤字の状態にあるのが上で挙げた①、②、③の3名です。

 

ベッキーノンスタ井上ファンキー加藤もやったことの重大性

騒動の大きさはそれぞれ異なりますが

良い人キャラが浸透しつつある中で

イメージが壊れたという点では共通しています。

 

この3人は今後もし芸能界に復帰したとしても

残念ながらこれまでと同じキャラで行くことは難しいでしょう。

それでも芸能界で生き残りたいのであれば

キャラ変更が必要になってきます。

 

悪い人キャラで行くのか、毒舌系で行くのかまた別のキャラで行くのか

それはわかりませんが、3人ともまだまだ芸能界を諦めるのは

早いと思うので、ぜひとも頑張っていただきたいと思います。

 

この記事に関しましては

賛否両論あると思うのでコメントへの返信等は

差し控えさせていただきます。ご了承下さい。

 

では。